旧紙幣は使用不可・預金封鎖・タンス預金に税金などの偽情報や新紙幣詐欺に騙されないために知っておきたい2つこと

2024年7月3日から発行される新紙幣。庶民には関係のない話のような気もしますが、「新札詐欺」「新紙幣詐欺」新紙幣に関する詐欺行為は間違いなくでてきます。

そして、その被害者の大半はおそらくシニア世代、高齢者です。

でも大丈夫。絶対出てくる「新札詐欺」「新紙幣詐欺」に引っかからないために覚えておくべきことはたった2つだけです。

これだけ理解していれば、詐欺行為に引っ掛からずに済むはずなのですが、相手も巧妙です。新紙幣について、少しだけ理解を深めておくと安心です。

目次

新紙幣発行の基本

新紙幣の発行日

新デザインの紙幣、新紙幣の発行は、2024年7月3日です。

市民が、それ以前に新紙幣を入手することはありません。

ありがち詐欺:「今なら」の煽り系

・今なら、誰よりも早く新紙幣を手に入れます。
・今なら、手数料無料で新紙幣を手に入れられます。

解禁直前のボージョレ・ヌーボーを飲食店で飲むのとは異なります。市民のフライングはありえない、可能性はないのです。

手数料が安いとか、今だけとか、今ならとか、、その手の煽り(あおり)言葉に引っかかってはいけません。

しかも、現行の紙幣は今後も使うことができる

慌てて新紙幣に交換する理由がありません。なお、旧紙幣(現行紙幣)は、銀行窓口で無料交換できます。

新紙幣のデザイン

新紙幣のデザインは、政府広報オンラインで確認できます。
政府広報オンライン

テレビや新聞などで見るよりも、クリアです。画像引用で、そのまま載せておきます↓

◆ 新1万円札

画像引用:政府広報オンライン
画像引用:政府広報オンライン

◆ 新5千円札

画像引用:政府広報オンライン
画像引用:政府広報オンライン

◆ 新千円札

画像引用:政府広報オンライン
画像引用:政府広報オンライン

新紙幣はいつから使える?

2024年7月3日以降であれば、基本的に新紙幣は使うことができます。

  • 人が対応するレジ
  • 大手のスーパーやショッピングセンターのセルフレジ、自動釣銭機、食券等の券売機
  • JRなどの公共交通機関の発券機、券売機など

ただ、一部では新紙幣対応機器の導入が遅れていたり、導入しない可能性もあります。

【新紙幣対応が遅れる可能性がある箇所】

  • 飲食店などの個人商店の食券機、券売機、自動釣銭機、セルフレジ等
  • ジュースなどの自動販売機
  • 地方の市営バス 等

対応が遅れる、対応しない場合には、店頭や支払いをする機械に、説明書きがあるはずです。

現行紙幣はいつまで使える?使用期限は?

現在の紙幣に使用期限はあるのか?

現在使用している紙幣は、日本銀行法により無制限に通用可能です。

現行の法令に基づく特別な措置や法改正がない限り、旧紙幣は継続して使用できます。すぐに使えなくなることはありません。 

ありがち詐欺:タンス預金系

・旧紙幣(現在の紙幣)が◯◯から使えなくなる。今なら新紙幣に無料で交換できる。
・タンス預金が没収される。その前に新紙幣に交換すれば大丈夫、

現行の紙幣は今後も使うことができる

タンス預金だろうが、どこかに隠し持っていようが、今使用している紙幣が使えなくなることはないのですから、慌てて交換する必要はありません

タンス貯金はどうなる?

タンス貯金は、ご希望であればタンス貯金のままでも構いません。

現在使用されている紙幣であれば、上述の通り使用期限はないのですから、無理に交換する必要はありません

この際、タンス貯金を資産運用したりするのはいいと思いますが、旧紙幣でのタンス貯金を新紙幣でのタンス貯金にする理由は、今はないのです。

将来的にはどうなるかわかりませんので、タンス貯金をどうするかは検討が必要でしょう。

多額を新紙幣へ交換するなら200万まで

犯罪による収益の移転防止に関する法律」に基づき、口座開設や、10万円を超える現金のお振込み、200万円を超える大口現金取引などを行う場合、金融機関では、本人確認書類(運転免許証、各種健康保険証など)により氏名、住所、生年月日を確認や取引目的や職業などの確認をされます。

言い換えれば、200万を超える現金の受け払いがなければ確認はされません。一度に交換する額面を調整すればいいだけです

預金封鎖はされる?

なかなか人気トピックである「預金封鎖」。これも、今のところは心配ありません。

預金封鎖とは

預金封鎖とは、銀行からの現金の引き出しに上限を設定するなどの抑制や、引き出しの禁止などのする政府の措置のことです。

ハイパーインフレの抑制、国家財政の立て直し、犯罪防止などを目的に、これまでに日本を含め世界数か国で実施されたことがあります。

日本では、1946年2月17日に預金封鎖の実施がありました。

新円への切り替えのために、預金封鎖をし、その約2週間後に当時使用されていた10円以上の紙幣を無効化。また5円以上のタンス預金を強制的に金融機関へ預金させ、生活費・事業費の一部のみ「新円」で引き出し可能としたのです。

ありがち詐欺:預金封鎖系

・政府に預金封鎖される前に、安全な口座に資産を移しましょう。
・預金封鎖され下ろせなくなる前に、資産を◯◯に変えておけば安心です。
・預金封鎖で資産凍結される前に、現金化しておきましょう。

冷静に考えれば、どれも詐欺っぽすぎて笑えてくるのですが、「預金封鎖」に取り憑かれてしまうと、信じてしまいます。

預金封鎖はされるのか

今回の新札発行でも預金封鎖が同時に行われるのではないか、との懸念があるようですが、今のところこの可能性はほとんどありません

新紙幣発行のタイミングで、預金封鎖されることはない

1946年の預金封鎖では、旧紙幣の無効化がありましたが、今回は現行の紙幣も無期限に使えるのですから、預金封鎖をする意味がないのです。

ただし、これは将来にわたり約束されているわけではありません。大災害や戦争、ハイパーインフレなど起これば、預金封鎖される日がくるかもしれません。

なお、ハイパーインフレの定義は、前月比50%以上の物価上昇。国際会計基準の定めでは「3年間で累積100%以上の物価上昇」。いずれにしても制御不能レベルの急激な物価上昇です。

手数料なしで新札/新紙幣に交換する方法

現行の紙幣を新紙幣に交換するには、いわゆる「新札」に交換するときと同様です。

銀行窓口で交換

間違いないのは、銀行窓口です。

「両替依頼書」等に記入し、持参した金額と、必要な枚数、新札希望などを記入し、銀行窓口で手続きをします。

その銀行に口座があるかどうかで、手数料が変わることが多いです。

手数料無料にするなら、自分の口座がある銀行の窓口での手続きをします。通帳やキャッシュカードを持参する必要があります。

【交換手数料】
銀行によっても異なりますが、その銀行の預金通帳やキャッシュカードを持参すると、1日あたり10枚〜50枚程度の交換や両替が無料でできます。

銀行両替機での交換

銀行のATMコーナーや店内に「両替機」が設置されています。

両替機でも新札に交換できますし、の銀行のキャッシュカードを入れることで、交換手数料が無料になります。

新紙幣発行後すぐであれば、新札が新紙幣であるとは限りません。支店やタイミング等によっては、現行(交換する時には旧紙幣)の新札が出てくる可能性もあります。

また、両替機によっては、新札への交換が1万円札のみということもあります。係員に聞いから、操作をすると間違いがありません。

ゆうちょ銀行でも新札/新紙幣交換はできる?

ゆうちょ銀行も「銀行」ではありますが、通常の銀行とは対応が異なります。

ゆうちょ銀行も、郵便局も、新札交換や両替は、基本的に通常業務としては行っていませんし、両替機もありません。

ただ、一部郵便局では対応してもらえることもありますので、事前に電話等で確認しておくといいでしょう。

*****

大切なので、もう1回。

とにかく、気をつけましょう。気をつけてもらいましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

アラカン夫婦の備忘録

これからの人生をより心豊かに、より穏やかに生き抜くため知恵や情報をツラツラ綴っています

目次